クラウドファンディング☆情報ガイド

クラウドファンディングサイトの比較

最近よく耳にするクラウドファンディングですが、これは不特定多数の人(crowd)からインターネットを通じて資金調達(funding)を行う仕組みを言います。銀行からの融資などに代わる新たな資金調達手法として、近年注目されるようになりました。

クラウドファンディングを行うためには、クラウドファンディングサイトと呼ばれる専門のサイト上で資金提供を呼びかけます。運営会社によって、得意としている分野やターゲットとしている顧客層が異なるため、クラウドファンディングによって達成したい目的によりサービスを使い分けることが成功の鍵です。

ここでは、クラウドファンディングサイトの中でも特におすすめできるサービスを紹介しています。各サービスごとの特徴を分かりやすく比較していますので、どのサービスを利用してクラウドファンディングに取り組むのか検討する際に活用してみてください。

A-port

クラウドファンディングは個人が個人のチャレンジをお金で後押しするサービスですが、個人間のやり取りの安全性を高める為に企業が間に入る事が基本となります。その中でもA-portは朝日新聞社が運営しているクラウドファンディングサービスなので非常に安心感があります。

A-portではサービス利用者が起案者と支援者に分かれまして、起案者は朝日新聞社のメディア発信力や記者経験者による魅力溢れるプロデュースをして貰えますので資金の集まりもよく支援者はその後に安心してリターンを受け取れます。

クラウドファンディングには様々な種類がありますが、A-portでは購入型と寄付型に分かりやすく区別されていますので間違える事なく、最初から大きなお金を動かすのが不安な方でもワンコインから起案者の助けになれて楽しいです。

FUNDINNO

株式投資型クラウドファンディングは、非上場株式をインターネット上に発行して資金調達を行う新しい仕組みのクラウドファンディングです。従来のクラウドファンディングに比べて出資のハードルが低いため、企業側は融資を受けやすいといったメリットがあります。

FUNDINNOは株式投資型クラウドファンディングを採用しており、プロの投資家が投資している案件や、投資の際に税制上優遇が受けられるエンジェル税制対象の企業案件を多く取り揃えています。資金調達を受けた企業は、事業計画と実績の管理やサポート、追加の資金調達の提案、ビジネスマッチングや人材・技術者等の紹介など様々なサポートが受けられます。 応募企業に対しては金商法で定められた項目を中心に有識者が厳しい審査を行います。

株式投資型クラウドファンディグの注意点は、非上場株式なのでそのままでは換金性が低い、元本や配当金が保証されない、株式に譲渡制限がかけられている場合は売買しても権利の移転が認められない、といったことが挙げられます。投資した企業の事業が軌道に乗らなければ株式の価値がなくなる恐れもあります。

クラウドクレジット(CROWD CREDIT)

投資にも様々な方法がありますが、今注目されているのがクラウドファンディングです。そしてクラウドファンディングを行うなら、クラウドクレジット(CROWD CREDIT)がおすすめです。クラウドクレジット(CROWD CREDIT)は、お金を貸したい人と借りたい人を結びつけるサービスをインターネットで展開しているのです。クラウドファンディングは、定期預金や国債を購入するより利回りがよく効率的に資産を増やす方法なのです。

投資には株式や投資信託や不動産などがありますが、いずれもかなりの元手が必要です。しかしクラウドクレジット(CROWD CREDIT)のクラウドファンディングなら、1万円から投資することができるので無理なく始めることができます。

クラウドクレジット(CROWD CREDIT)のクラウドファンディングは、新興成長国の起業家などに投資することで経済を成長させることができます。社会的にも大変有意義な投資なのです。

Crowd Bank(クラウドバンク)

Crowd Bank(クラウドバンク)は、日本で初めて証券会社が提供を始めた融資型クラウドファンディングサービスです。運営母体は日本クラウド証券という金融商取引法に定められた基準を満たした証券会社なので、安心して利用することができます。

これまで、利回りの良い大型投資案件は大口機関投資家が運用し、個人が投資を行うことは困難でした。そこで、Crowd Bank(クラウドバンク)を利用することで、個人でも少額投資から優良案件への投資ができるというメリットがあります。

Crowd Bank(クラウドバンク)で、2018年3月末までの3年間に運用終了したファンドの実績平均利回りは6.79%を誇り、大きなリターンを得られるチャンスがあります。

PocketFunding

PocketFundingのクラウドファンディングは投資セミナーも開催していて人気があります。様々な仕組みを利用する際には、様々なことを理解する必要があります。クラウドファンディングを活用すると、新しいビジネスを開始できます。

PocketFundingのクラウドファンディングは1万円から投資を行うことができて、少額からの投資が可能となっています。投資をすると高い利益を得られます。少額からの投資が可能になると、投資対象が広がって便利です。

PocketFundingは様々な問い合わせに対応してくれて人気があります。投資をする時は税金のことなど様々な知識が必要になります。安心して問い合わせできると、より安心して投資をすることができて便利です。

Makuake

Makuakeガバメントは、地方自治体が実行者となってプロジェクトを立ち上げる事でインターネットで不特定多数の人から寄付を募るクラウドファンディングの事を言います。地方自治体に寄付をする事で返礼品をもらう事ができたり、一部税金が免除となる場合があります。

Makuakeガバメントでは、寄付した金額の使途を明記しています。プロジェクトには様々なページがあります。具体的な目的を選択する事で進んで寄付をする事ができるようになります。是非一度試してみると良いでしょう。

Makuakeプロジェクトの始め方が分からないという方は相談する事もできます。プロジェクトの相談はこちら、というアイコンを選択する事で相談内容を記入して送信できるようになっています。プロジェクトを始めようと考えてはいるけど具体的にどうしたら良いか分からないという方におすすめです。

クラウドファンディングの利便性を知りましょう

昨今は、株式や不動産に投資をする代わりに、クラウドファンディングを利用して直接投資対象にお金を届けることが流行しています。株式投資の場合は、株式公開をしている企業に決められた一定金額以上のお金を出さなければいけないという決まりがありました。そのため、必要単元に満たない少額では投資を行うことができず、一般の方が手が出しにくいというデメリットがありました。しかし、クラウドファンディングでは比較敵少額からお金を出すことができます。少額から投資を行うことができることにより、利用者数も格段に多いのが特徴です。そのため、一人一人からは少額出資を受けることになりますが、結果的に多額の資金を調達することができるということです。クラウドファンディングは出資を受ける側にとっても非常にメリットが高いシステムだと言えるでしょう。

クラウドファンディングの特徴の一つとして、調達した資金の使い道が出資者にわかりやすいということがあります。事前にウェブページで投資対象になっている人物やイベントの詳細をお知らせしてもらえます。株式当為や商品先物では、その資金の利用方法が不透明ですので、その違いに魅力を感じて多くの方がご利用されているということです。イベントを立ち上げるための資金集めとしてクラウドファンディングが行われた場合、そのイベントで利用される資金の内訳が具体的に記載されていることがあります。またイベントの主催者のプロフィールも写真入りで詳しく記載されることもあるということです。お金を出す側としても、その投資対象の詳細を把握できることで、お金の出し方に納得がしやすいというメリットがあります。

クラウドファンディングは、どなたでも利用可能だということが特徴になります。小規模の法人やNPOなどが、企画を立ち上げるために資金集めを行うこともあれば、個人で農園を営んでいる高齢者の方が、新しい農法を試みるための資金調達に活用することも可能です。出資をする側は、リターンとしてお金を増やすことを目的にしているというよりは、その投資対象の企画が成功することを見届けること自体がリターンであることがあります。農園に出資する場合であれば、その農園で取れた果物などを受け取ることもできます。その農園で行われたイベントなどに参加できる権利を受け取るというリターンも存在しています。クラウドファンディングはその投資対象によって受け取るリターンに違いがありますので、出資者の趣味嗜好を満足させやすいという魅力もあります。

カテゴリー